不動産投資に興味を持つ人

ビジネス全般のパートナーチーム

ビジネス立ち上げ、それは不動産投資の最初のプロセスです。株式会社、有限責任会社、その他の法人格……あなたはまず、どのような名義を持つ集団を形成するのか、という判断を迫られます。この最初の判断は、あなたの資産を保持し、増やしていくための最良の形式を選ぶことです。税の優遇や資産の管理についての専門家のアドバイスは必須です。具体的には、まずは当局への書類申請を管理してくれる顧問弁護士を探しておくと良いでしょう。法人登記は、多くの人にとって、馴染みのあるものではありません。また、非常に複雑な法的条件の中で、個人の判断が遵法理念に違反しないよう管理する、ということは絶対に守るべき条件です。知らず知らずのうちに法を破っていた、というケースは、決してひとごとではないのです。次に、顧問会計士。あなたの具体的な経済状況を元に、税金についての判断全般を、サポートしてくれる人材です。経理は投資の最重要部門の一つ。ここで最適な構造を構築しておかないと、いくら個々の取引が成功続きでも、利率が低く、非常に儲けが少ないままである、といったような事態になりかねません。法人の形式、それらの判断に伴う経済的な制約。この最初の決定が、これ以降のリスク・リターン管理の大前提になります。ここで無用な倹約をすべきではありません。専門家の意見を仰ぐ、ということの、スタートラインです。