不動産投資に興味を持つ人

物件探しのためのチーム

具体的な取引の、最も重要な段階は、どのような商品、つまり物件を商材として選ぶのか、という“買い”のプロセスです。物件をあなたが下見しても、理解できるのは外観、主観的な良し悪しのみです。物件それ自体の価値、それに加えて、地価や周囲の施設の充実ぶりなど、価値の判断材料は多岐に渡ります。そういった総合的な判断のプロといえば、やはり不動産ブローカーということになるでしょう。不動産投資における近年のトレンドを把握しており、これからの価値上昇の予想ができる人材。彼らは、あなたが不動産投資市場全体の理解の助けとなり、物件探し全般の判断材料を教えてくれる、非常に根本的な意味での、アドバイザーとなります。

こうした“買い”のプロセスを経て、次に考慮すべきとなるのは、その維持・運用についてです。その物件の維持コストはどれほどか。いかに安く、魅力的な物件を得ることができたとしても、維持コストが莫大ではやっていくことはできません。しかし、基本的にこの記事を読んでいるあなたは、自宅の維持についてしか心得ていないと思われます。戸建を所有しているならば、集合住宅の清掃の頻度や修繕の頻度というものは想像もできないでしょうし、マンションに住んでいるならば、一軒家の物理的な耐久性などはまた異なってくるでしょう。物件管理のプロの意見が必要です。彼らは。あなたが購入を検討している物件の維持管理費を算出し、今後の年単位でのコストの見通しを立てることを可能にしてくれます。